italiamania blog

大好きなイタリアの旅、料理、ワイン、その他イタリアについての色々なことを書いていきます。

イタリアの街ートリノ ワイン

こんにちは。

今日は、イタリアの街、ピエモンテ州トリノのワインについて書きたいと思います。

 

トリノのあるピエモンテ州は、イタリアを代表するワインの産地です。

日常的に飲まれるワインが豊富なのはもちろんですが、イタリアの高級ワインの多くピエモンテで作られます。

トリノを訪れたときは、ピエモンテのワインと郷土料理を楽しむと良いです。

 

バルバレスコ Barbaresco

 

ネッビオーロ種が100%使われた、なめらかな味わいの赤ワインです。

色もとてもきれいで、香りも良く、ローストした肉料理、グリル料理に合います。

 

バローロ Barolo

 

ネッビオーロ種が100%使われた、フルボディの辛口赤ワインです。

花の香水のようなとても濃い香り、コクのある味わい、とても深いので、料理を選びます。

ピエモンテ州名物の肉の煮込み料理や、熟成の進んだチーズがとてもよく合います。

バローロを使ったリゾットもピエモンテ州の代表的な料理です。

 

●ブラケット・ダックイ Brachetto d'Acqui

 

ブラケット種が100%使われた、甘口の赤ワインです。

発砲しているものもあり、デザート、食前に飲みます。

フルーツを使ったタルトなどにとても合います。

 

●ガヴィ Gavi

 

コルテーゼ種が100%使われた、辛口の発泡性白ワインです。

ピエモンテ州は、小麦よりも米がよく穫れることから、リゾットも多いですが、リゾットにとても合うワインです。

 

●アスティ Asti

 

トリノの南東、アスティで作られる、甘口の発泡性白ワインです。

食前、食後のデザートと共にいただくことが多いです。

生クリームを使ったデザートなどにも合います。

 

●バルベーラ Barbera

 

辛口の赤ワインです。

程よい濃さなので、色々な料理に合います。

バーニャ・カウダ、肉を使ったソースのパスタやリゾット、チーズなどと一緒にいただくと美味しいです。

 

ピエモンテ州では、色々なところでワインが作られているので、その地域に応じてまだまだ様々なワインがたくさんあります。

旅先でしか飲むことのできないワインを楽しめるとよいなあと思います。

 

読んでくださりありがとうございます。