italiamania blog

大好きなイタリアの旅、料理、ワイン、その他イタリアについての色々なことを書いていきます。

イタリア料理レシピ 粉類ー基本のピッツァ生地

こんにちは。
今日は、イタリア料理、ピッツァのレシピを書いてみたいと思います。


私は観光でイタリアに行っているので、詳しいことはあまり分からないのですが、イタリアで食べるピッツァは、大きく分けると3つに分かれるかなあと思います。
1つは、周りがもちもちしているナポリピッツァ、もう1つは、周りがカリカリしているローマピッツァ、もう1つは、パン屋さんや、お店で大きく焼いて切り売りしている、少しふかふかで厚めのピッツァです。


石窯で、高温短時間で焼かれたピッツァはとても美味しく、イタリアに行ったら食べなくてはいけないものの1つで、やはりイタリアでないと食べられないものだなあと思います。
家ではやはり、石窯のように高温になるオーブンも腕も無いので、パン屋さんのピッツァをまねて焼いています。


ナポリピッツァ、ローマピッツァは丸くて、大きさには驚きましたが外見は日本でも見ているピッツァだったので、最初にイタリアでたくさんの種類の、大きくて四角いピッツァを切り売りしていることの方に、驚いて感動してしまったのを覚えています。
何度か行くようになって、イタリアでいただくようなピッツァは家では作れないと思ったのと、大きなピッツァが切り売りされている様子が大好きなので、家でもオーブンの天板で大きく焼いて、切って食べるようなスタイルになりました。


●基本のピッツァ生地

 

f:id:keiko19-74:20170209105955j:plain

 

・材料(オーブンの天板32cm四方2枚分、大体4人分) Ingredienti


強力粉 250g
薄力粉 250g
ぬるま湯 320cc
塩 10g
インスタントドライイースト 5g
オリーブオイル 10g
オリーブオイル天板用 適量


・作り方 Preparazione


1 材料を全て混ぜて、10分程捏ねます。
2 暖かいところで2.5~3倍の大きさになるまで発酵させます。時間は気温によって異なりますが、オーブンの発酵機能40度で、1時間半から2時間位です。夏の暑い時などは1時間位でも発酵します。
3 発酵を待っている間に好みの具を用意します。
4 発酵が終わったら、オーブンを250度に予熱します。
5 オーブンの天板にオリーブオイルを塗り、生地を二つに分け、それぞれ天板いっぱいに伸ばします。
6 好みの具をのせます。チーズをのせないピッツァの場合はオリーブオイルをかけます。
7 250度に予熱したオーブンで、約8~10分焼きます。具によって異なるので、様子を見ながら焼きます。
8 焼きあがったら、切り分けていただきます。


読んで下さりありがとうございます。