読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

italiamania blog

大好きなイタリアの旅、料理、ワイン、その他イタリアについての色々なことを書いていきます。

イタリアの街ーピサ

ピサ
f:id:keiko19-74:20161114104405j:plain

こんにちは。
今日はイタリアの街、ピサについて書こうと思います。


ピサは、斜塔がとても有名で、他に類を見ない、イタリアを代表する建築物です。
斜塔を含めて、周辺の建物が一緒に世界遺産として登録されています。
広場になっているので、観光だけでなく、ちょっとのんびりすることも出来る場所です。
世界的観光地で観光客が多いため、スリなど、荷物に注意しながら観光するようにします。

 

●交通


ピサは、フィレンツェから普通電車で50分~1時間10分ほどで到着します。
普通電車なので、事前に切符を購入していかなくても、現地で向かう前に購入すればよいです。
トレニタリアのホームページで時間だけ確認していく位で大丈夫だと思います。
ピサでは、やはり観光の中心となる斜塔までは、ピサ中央駅から徒歩20~30分、駅前から出るバスで5分程です。

 

Trenitalia

 

●観光

 

・斜塔(La Torre Pendente)

 

ドゥオーモの鐘塔として1173年に建築が始まりましたが、地盤が弱かったため、着工当初から傾き始めたそうです。
予約をして、内部に入り、上ることが出来ます。
一度に上る人数の制限、年齢の制限、子どもの保護者同伴など、厳しい制限があります。

 

・大聖堂(Duomo)

 

ロマネスク様式のお手本、見事な大聖堂です。
内部も必見です。

 

・洗礼堂(Battistero)

 

上記二つと、広場が共に世界遺産となっています。

 

この斜塔周辺で、斜塔に上らなければ、大体1時間程で見ることが出来ます。
駅からこのドゥオーモ広場まで歩いて、途中の街の雰囲気や、小さな教会なども見ながら来ても、2時間位で見ることが出来ると思うので、フィレンツェからの日帰り旅行にとても良い場所です。

 

OPA Pisa 切符の予約が出来、概要も見られます。

 

●料理

 

ピサは、フィレンツェと同じトスカーナ州ですが、海が近いので、他のトスカーナの街でいただくようなトスカーナ料理の他に、ピサならではの食事が楽しめると思います。

 

・ピサ風スープ(Zuppa alla Pisana)

 

人参、玉ねぎ、セロリ、黒キャベツ、トマトなど野菜、猪の皮、ピサ産の平べったい白いんげん豆を煮込んだスープです。
コクのあるスープで、トスカーナ産の赤ワインに良く合います。

 

・インゲン豆の煮込み

 

ピサで穫れた白いんげん豆とトマトの煮込みです。
プリモとして食べても、セコンドの付け合わせとして食べても良いです。

 

・ウナギ料理

 

前菜として、衣をつけてフライにしたもの、セコンドとして白ワインで煮たものなどがあります。

他のイタリアの地方ではあまり見られない料理です。

 

・猪料理

 

パスタのソースとして猪の肉を挽いたものを細かく切った玉ねぎ、セロリ、にんじん、トマト缶、赤ワインとともにじっくり煮込んだものが美味しいです。
グリルしてセコンドとしても食されます。

 

●ワイン

 

ピサで作られるワインは、コッリ・ピサーネ(Colli Pisane、ピサの丘)と書かれていて、海が近いせいか、同じキャンティでも、内陸で作られるものより軽いように感じます。
海の食べ物にも合うようになっているのではないかなあと思います。

ピサの斜塔赤ワイン

ピサの斜塔赤ワイン

 

 

 

海と山が両方あるので、両方の良いところが楽しめます。
斜塔の観光だけではなく、料理、ショッピングも楽しめる、とても素敵な場所です。

 

読んで下さりありがとうございます。