読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

italiamania blog

大好きなイタリアの旅、料理、ワイン、その他イタリアについての色々なことを書いていきます。

イタリアの街-ローマ 料理

イタリアの食 ローマ
f:id:keiko19-74:20160914133820j:plain

こんにちは。
今日は、ローマの料理について書きたいと思います。

 

イタリア料理全般的にそうですが、ローマは特に、季節の食材をとてもうまく料理されたものが多いです。

ローマは、イタリアの首都ですが、南部に位置し、昔はあまり裕福ではなかったことからか、得られるものを上手に、大事に生かしているように思います。

海にも面しているので魚介類も美味しく、温暖な気候から野菜や小麦も豊富です。

 

ローマの代表的な料理を紹介します。

 

ブルスケッタ(Bruschetta)

 

前菜として食されます。
パンをトーストして、オリーブオイルと塩をかけてシンプルに食べたり、にんにく、トマト、バジルをのせて食べたりします。

 

カルチョーフィ・アッラ・ロマーナ(Carciofi alla Romana)

 

アーティチョークに、ニンニク、塩、コショウ、オリーブオイルをかけたものをオーブンで焼いていただきます。日本では珍しい部類の野菜になりますが、ホクホクしていてとても美味しく、イタリアではよく食されます。

 

・フィレッティ・ディ・バッカラ(Firetti di Baccala′)

 

干し鱈を戻したものを、衣をつけて揚げたものです。

 

ブカティーニ・アッラ・アマトリチャーナ(Bucatini alla'Amatriciana)

 

アマトリーチェという地方の名物料理です。
パンチェッタと玉ねぎをオリーブオイルと塩、ニンニクで炒め、トマトソースを加えます。
ブカティーニという真ん中に穴の開いたロングパスタに和え、ローマ名産のペコリーノチーズをおろしかけます。
トマトベースのソースが、パスタに良く絡んで美味しいです。

 

リガトーニ・アッラ・カルボナーラ(Rigatoni alla Carbonara)

 

炒めたパンチェッタに溶き卵、ペコリーノチーズ、塩、コショウを加え、リガトーニという周りに線の入った太めのショートパスタに和えたものです。

 

・カーチョ・エ・ぺーぺ(Cacio e Pepe)

 

茹でたパスタに、オリーブオイル、塩、コショウ、ペコリーノチーズをかけたシンプルな料理です。

カーチョはチーズ、ぺーぺはコショウという意味です。

 

・ニョッキ・アッラ・ロマーナ(Gnocchi alla Romama)

 

セモリナ粉、牛乳、卵、バター、ペコリーノチーズを混ぜて加熱しながら練り、伸ばして型抜きしたものをオーブンで焼いた料理です。

 

・コーダ・アッラ・バッチナーラ(Coda alla Baccinara)

 

牛の尾をトマト、セロリ、玉ねぎ、にんじんなどの野菜で煮込んだ料理です。
ローマの代表的な料理です。

 

・サルティンボッカ(Saltimbocca)

 

薄切りの牛肉に、生ハム、サルビアの葉をのせ、バターと白ワインで焼いた料理です。
シンプルですがとても美味しく、ローマ近郊のワインに良く合います。


読んで下さりありがとうございます。