読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

italiamania blog

大好きなイタリアの旅、料理、ワイン、その他イタリアについての色々なことを書いていきます。

イタリアの街ーフィレンツェ 料理

フィレンツェ イタリアの食
f:id:keiko19-74:20161114105925j:plain

こんにちは。

今日はフィレンツェの料理について書きたいと思います。

フィレンツェは、山に囲まれているので、魚より肉が多く食べられます。
また、トスカーナの田園風景から見られるように、新鮮な作物が多く採れ、野菜料理、豆料理も多いです。

フィレンツェの代表的な料理を紹介します。

 

・クロスティーニ(Crostini)

 

トスカーナパン(塩が入っていない、粉と水と酵母だけで作られたもの)の上に、オリーブオイルとトマト、塩を和えたものや、鶏レバーのペーストがのせられて、前菜として食されます。

 

・サラーメ・トスカーノ(Salame Toscano)

 

肉を挽いたものにスパイス、ワインなどを混ぜ、牛や豚の腸に詰めて熟成させたものです。前菜に最適で、レストランや食堂等で注文すると、色々な種類のものが盛り合わせられたもの出てきます。

 

・リボッリータ(Ribollita)

 

白いんげん豆、黒キャベツ、玉ねぎ、にんじん、セロリ、ほうれん草、ジャガイモなどを煮て、1日おいて再び煮返し、トスカーナパンをちぎって一緒に煮たスープです。
スープといっても、パンとジャガイモが入ってトロトロになっているのでシチュー位の固さになっています。素朴でとてもおいしい料理です。

 

白いんげん豆のスープ(Zuppa di Fagioli)

 

白いんげん豆を柔らかく煮て、ペースト状につぶしたスープです。オリーブオイルをかけていただきます。

 

・パッパ・コル・ポモドーロ(Pappa col Pomodoro)

 

軟らかく煮たオリーブオイルとトマトに、トスカーナパンをちぎって入れて煮た料理です。オリーブオイルをかけていただきます。
柔らかくて食べやすく、旅行中ちょっと食べ過ぎたり、疲れている時や、また、子どもと一緒の時などにはとても食べやすいのでおすすめです。

 

・猪ソースのパッパルデッレ(Pappardelle al Cinghiale)

 

猪の肉を挽いたもの、玉ねぎ、にんじん、セロリ、赤ワイン、トマトソースのソースをパッパルデッレという手打ちの幅広ロングパスタに和えたものです。濃厚なソースなので赤ワインに良く合います。

 

・野兎ソースのパッパルデッレ(Pappardelle con la lepre)

 

野兎の肉の挽いたもの、玉ねぎ、にんじん、セロリ、赤ワイン、トマトソースのソースをパッパルデッレという手打ちの幅広ロングパスタに和えたものです。
猪よりあっさりしていて、鶏肉に近いかなあという感じです。

 

フィレンツェ風ビーフステーキ(Bistecca alla Fiorentina)

 

厚切りのTボーンステーキを炭火で焼き、塩、コショウ、オリーブオイルをかけていただきます。
一人当たりの肉の量がボリュームがあって驚きますが、あまり油っぽくないのでたくさん食べられます。

 

フィレンツェ風トリッパ(Trippa alla Fiorentina)

 

柔らかく下茹でした牛の胃袋を、トマト、玉ねぎ、セロリ、にんじん、塩、コショウ、オリーブオイルでゆっくり煮たものです。こってりしているように思われますが、意外とあっさりしていて、白ワインと良く合います。

 

・ペコリーノ・トスカーノ

 

羊の乳で作られたチーズです。

 

・カントゥッチ(Cantucci)

 

かまぼこの形に焼いたクッキー生地のようなものを、さらに1センチ位の厚さに切ってもう一度焼いた、固いビスケットのようなお菓子です。プレーンなものの他に、ナッツが入ったもの、チョコレートが入ったものなどもあります。
プラートというフィレンツェから近い街が発祥のお菓子なので、ビスコッティ・ディ・プラートとも呼ばれます。
そのままはもちろん、食後のデザートとして、ヴィン・サントという食後酒に浸していただくのがおいしいです。

 

・オリーブオイル

 

これまで見た通り、調味料のように料理にオリーブオイルをかけていただくことが多いです。
トスカーナ地方はオリーブ畑が多く、良質なオリーブが穫れるので、オリーブオイルもとてもおいしいです。

 

次回はフィレンツェでいただくワインについて書きたいと思います。

 

読んで下さりありがとうございます。