読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

italiamania blog

大好きなイタリアの旅、料理、ワイン、その他イタリアについての色々なことを書いていきます。

私のイタリア旅行計画と持ち物、注意すること

f:id:keiko19-74:20160920130014j:plain

こんにちは。

今日は、私のイタリア旅行の計画と、持ち物について書きたいと思います。

 

2人の娘と6泊8日、または7泊9日、冬の旅行を考えています。

まず最初に、飛行機を考えます。私はマイルを貯めていて、ルフトハンザグループの航空会社で行こうと思っているので、ほんの2~3社に絞られます。イタリア国内の発着場所により、1万から2万円ほどの差があり、電車での荷物の移動のこと、子ども連れなので到着時刻が夜遅い時間にならないこと、到着空港からの交通の便、などなど色々考えてどこの発着にするか決めます。JTB 、H.I.S.JALイーツアーフリーバード、航空会社のHPなど、費用がかかる部分なのでよく調べます。

次に発着場所の目星がついたら、そこからどこの都市で何を見たいか、何をしたいかを検討します。考えていくと大体どこに宿泊するかが決まってきて、具体的にエクスペディアbooking.comの二つのサイトで比較をします。同じように見えて空室があったりなかったり、料金が大きく違ったりします。よく比較検討することが必要です。

 

ここまでで飛行機、宿泊の大枠が決まるので、あとはどこに行くかを楽しく考えたり、荷物のことを考えて、必要な物を買い足したりします。

 

持ち物は、今回は大体1週間強なので、機内持ち込み手荷物のみで行けたらと思っています。娘二人はリュック、私はこちらでご紹介した、小スーツケースで行きます。

italiamania.hatenablog.jp

そして、私もリュックを持ち、スーツケースの中にボストンバッグを入れて持って行き、帰りは預けようと思っています。

 

持ち物は、こちらも前にご紹介したものを大体持っていきます。

italiamania.hatenablog.jp

冬の旅なので、衣類がかさばるため、この中から現地で買える物や、どうしても、というものでない物は持たずに、出来るだけ少ない荷物で行きたいと思っています。アパートメントでの宿泊を考えているので、食器類、ポット等は持っていきません。

 

今回のイタリア旅行、冬の持ち物リストです。

・貴重品

現金 パスポート クレジットカード 航空券 マイレージカード スマートフォン カメラ 旅行保険証書

保険証はコピーで間に合わせたいと思います。

・文具

ペン ミニノート 電子辞書 セロテープ

はさみ類は機内に持ち込めないので持っていきません。ソーイングセットのはさみや針にも注意です。

・アメニティ

ファンデーション リップ チーク アイライナー アイシャドウ ブラシ オイル 歯磨き粉 歯ブラシ ヘアゴム クレンジングシート

普段は化粧水も使いますが、今回基礎化粧品はオイルだけ持って行きます。フィレンツェサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局のオイルを使っています。1本でとても潤い、子どもにも安心して使え、私にも十分なのでこれだけにします。ヘアオイルとしても使えます。

[rakuten:cosmelink:10028402:detail]

ヘアゴムは食べかけの食品の袋などを結ぶのにも兼用します。

・アイケア

眼鏡 眼鏡ケース コンタクトレンズ コンタクトレンズケース ケア用品 予備コンタクトレンズ

・リネン類

ハンドタオル ティッシュ ウェットティッシュ

・薬

解熱剤 風邪薬 鎮痛剤 整腸剤 胃薬 絆創膏

・折り畳み傘

到着後あまり歩く必要がなかったり、重くなりそうなら1本にして、天気が悪かったら自分のお土産に買っても良いと思います。イタリアの折り畳み傘はきれいなだけでなくしっかりしています。

・おやつ、軽食

子どもが小さい時は現地の分、帰りの機内の分もあると自分も子どもも安心ですが、大きくなってくると買い物も楽しく出来るので、行きの分だけ持って行きます。

・エコバッグ

・ビニール袋(色々な大きさのもの何枚ずつか)

・パスポート、旅行保険証書、保険証、クレジットカード番号のコピー

・衣類

トップス ボトムス ホームウェア フットウェア インナーウェア

アウターを含め着ているもの以外、子ども用3組、自分用2組を持って行きます。自分のホームウエアは何かあった時にすぐ外に出られるような、でもリラックス出来るものを持って行きます。子どもはいつも着慣れているパジャマが安心出来ると思います。

・石鹸

洗濯に使います。夜洗って絞り、タオルをかけるヒーターにかけておくとすぐ乾きます。宿泊施設にありそうなら持って行きません。

スマートフォン充電器

・カメラ充電器

・変圧器

・スリッパ、サンダル等

・小さなバッグ

ちょっと出かける時や、朝食の時などに、カメラやカードキーを入れるのにあると便利です。

・子ども用おもちゃ、本など

自分で荷造りをし、持てる分だけにします。飽きないように本は好きなものの他、新しいものを空港で買います。

 

旅行の準備はとてもワクワクして楽しいですね。

読んで下さりありがとうございます。