italiamania blog

大好きなイタリアの旅、料理、ワイン、その他イタリアについての色々なことを書いていきます。

イタリアの街ーモデナ 料理とワイン

f:id:keiko19-74:20170316094153j:plain

こんにちは。
今日は、イタリアの街、モデナの料理、ワインについて書きたいと思います。


エミリア・ロマーニャ州にあるモデナは、他のエミリア・ロマーニャ州の街と同様に、肉を使った食材、料理が多いです。
しかし、モデナの料理には、他の都市に見られない特有のものがいくつかあります。
モデナを訪れた時にはこれらの料理、ワインを試してみると良いと思います。


●ザンポーネ(Zanpone)


豚の足の皮に肉を詰めて茹でたものです。
茹でたレンズ豆、じゃがいもなどが付け合わせとして一緒に出されます。
豚の足を輪切りにしたような形になっています。
豚の脂の旨みが強く、地元のワインと合わせていただくととても美味しいです。


●コテキーノ(Cotechino)


ザンポーネの中身を腸詰にしたものです。


●ボッリート・ミスト 茹で肉の盛り合わせ(Bolliti Misti)


豚肉、牛肉の色々な部位のものを一緒に煮たものを盛り合わせた料理です。
色々な肉の色々な部位が一度に少しずつ楽しめるので良いです。


バルサミコ酢(Aceto Barsamico)


ぶどうの果汁を長期熟成させた食用酢です。
とても香り高く、少しかけるだけで料理がとても引き立ちます。
オリーブオイルと合わせてサラダにかけたり、肉料理や魚料理のソースとして少量かけたりします。
この地方の特産品である、パルミジャーノ・レッジャーノにかけていただいても美味しいです。
また、アイスクリームや、いちごなどのフルーツのデザートにかけたりしていただくこともあります。


そして、モデナの有名なワインとして、ランブルスコがあります。
スパークリングワインで、度数も低いので、食前酒に向きます。
エミリア・ロマーニャ州の特産品、プロシュット・クルード(生ハム)ととても合うので、前菜として生ハムをいただく時に一緒にいただくのが良いです。


読んで下さりありがとうございます。

 

 

イタリアの街-モデナ 観光

f:id:keiko19-74:20170314095706j:plain

こんにちは。
今日は、イタリアの街、モデナの観光について書きたいと思います。


モデナは、駅から街の中心地の端、ドゥカーレ宮殿まで広いヴィットーリオ・エマヌエーレⅡ世通りで繋がっており、そこから街の中心である大聖堂、広場に向かうことになります。
街は小さく、道は広くて分かりやすいので、とても観光しやすい街です。


大聖堂(Cattedrale)

 

ギルランディーナ(Ghirlandina)という、街のシンボルになっている塔が建っています。
この塔は、12~13世紀に建てられたもので、中に入場して上まで上ることが出来ます。
美術館も併設されています。


●グランデ広場(Piazza Grande)


街の中心となっている広場で、住人の方たちがおしゃべりをしたり、とても和やかな場所です。
ここから何本か通りが出ていて、雑貨屋や地元の方たちが買い物をする食料品店などの商店、小さな商店から、デパートのようになっている大きなお店まで色々あります。
散歩をするのがとても楽しい場所です。


エステ家美術館(Galleria Estense)


小さい美術館ながら、見ごたえのある作品が多いです。


エンツォ・フェラーリ美術館(Museo Enzo Ferrari)


フェラーリ博物館(Galleria Ferrari)は、モデナからは20㎞ほど離れていて、車でないととても行きにくい場所ですが、こちらの美術館はモデナ駅から1km程で、徒歩で行くことが出来ます。
カフェや、ショップもとても充実していて、とてもおしゃれで素敵です。
ファンでなくとも楽しい場所です。


カフェなどに立ち寄りながら、ゆっくり散策するのが楽しいゆったりした街です。

 

読んで下さりありがとうございます。

 

 

イタリアの街-モデナ 交通

f:id:keiko19-74:20170309102232j:plain

こんにちは。
今日は、イタリアの街、モデナについて書きたいと思います。


モデナは、イタリア北部、エミリア・ロマーニャ州の都市です。
世界遺産に指定されており、小さな街ながら活気のある素敵な街です。


●空港からモデナまで


モデナには空港が無いので、日本から行く場合は、近隣の大きな空港であるミラノのマルペンサ空港、リナーテ空港か、ボローニャのG.マルコーニ空港から入ります。
およそ14時間から16時間で到着します。


ミラノ マルペンサ空港 Aeroporto di Malpensa
ミラノ リナーテ空港 Aeroporto di Linate

ボローニャ G.マルコーニ空港 Aeroporto Guglielmo Marconi

 

●他の都市からモデナまで

 

・電車

 

イタリア各都市から電車で到着する場合は、モデナ駅に到着します。
各所要時間は一番早い電車で行った場合です。

 

ミラノ 約2時間~2時間15分
ボローニャ 約30分
ローマ 約3時間弱

 

イタリアの長距離路線は以下の二つがあります。それぞれ座席のランク、早く予約すると安かったり、まとめて買うと安かったり、色々料金の設定があります。ローカル線はTrenitaliaを使います。


Trenitalia
italo


モデナ駅から、観光の中心地へは、徒歩で10分位です。
広い道が通っているので、街並みを見たりしている間にあっという間に到着します。

主要な観光スポットは徒歩見て回れると思います。


読んで下さりありがとうございます。

 

 

イタリアの街ーフェッラーラ 料理とワイン

f:id:keiko19-74:20170307113715j:plain

こんにちは。
今日は、イタリアの都市、フェッラーラの料理とワインについて書きたいと思います。


フェッラーラは、エミリア・ロマーニャ州エミリア地方の端にあります。
他のエミリア地方と同じく、詰め物をしたパスタ、肉料理が多く見られます。
その他に、フェッラーラ特有の料理も多くあります。


・サラーマ・ダ・スーゴ


豚の色々な部位を挽き、赤ワイン、塩、こしょう、スパイスを混ぜて腸詰にしたものです。
茹でてメイン料理としていただいたり、パスタのソースに入れていただきます。


・ウナギ料理


トマトソースで煮込んだり、フライにしたり、オーブン焼きにしたりしていただきます。


・カボチャ料理


ピューレ状にして肉料理のつけ合わせにしたり、花をフライにしたり、パスタの詰め物にしたりしていただきます。


・カッペッラッチ


卵入りのパスタ生地を薄くのばし、四角く切って中に具を入れ、端と端をつなげて丸めまたものです。
中身はかぼちゃ、ひき肉、パルミジャーノ・レッジャーノなどで組み合わされ、ソースは、バターとサルビア、ミートソースが多いです。

 

f:id:keiko19-74:20170307113736j:plain

ワインは、ボスコ・エリチェオという、フェッラーラ特産のワインがあります。
ウナギ料理、パスタにとても合います。


フェッラーラでの食事は、あまりはずれが無く、どこのお店に入っても美味しくて良い雰囲気だったと思います。
メニューも、フェッラーラ、エミリア・ロマーニャ州の名物が多く、この土地のものがたくさん楽しめます。


読んで下さりありがとうございます。

 

 

イタリアの街-フェッラーラ 観光

f:id:keiko19-74:20170306123721j:plain

こんにちは。
今日は、イタリア、エミリアロマーニャの都市、フェッラーラの観光について書きたいと思います。


フェッラーラは、とても静かな街で、車も少なく穏やかな街です。
観光の見どころは、駅から歩いて15分位の大聖堂を中心に、徒歩で見て回ることが出来ます。


大聖堂(Cattedrale)


大聖堂前の広場、建物自体、内部、付属美術館とも時間をかけてゆっくり見たい場所です。
とても美しい、街を代表する建築物です。


エステンセ城(Castello Estense)


フェッラーラを統治したエステ家の城です。
フェッラーラのゆったりとした街並みとは少し異なり、城の中は重厚な雰囲気が漂っています。
城の周りは堀になっており、中は迷路のようになっていて、拝観するのはとても楽しかったです。


スキファノアイア宮殿(Palazzo Schifanoia)


エステ家の別邸の一つです。
現在、一部が美術館になっており、フェッラーラの芸術がよくまとまっています。


フェッラーラでは、MyFE Cardというものがあり、主要な観光箇所をパスポートのように見て回れるカードがあり、入館料が割安になっているので、それを持って1日周るのが良いと思います。


読んで下さりありがとうございます。