italiamania blog

大好きなイタリアの旅、料理、ワイン、その他イタリアについての色々なことを書いていきます。

イタリア20州のおいしいものーピエモンテ州

こんにちは。

イタリア20州のおいしいもの、今日はピエモンテ州です。

 

ピエモンテ州は、イタリア最西の州で、フランスとスイスに接しています。

ピエモンテは、山のふもとという意味で、山の恵みが豊富です。

山、丘、平野と起伏が激しい地域で、気候も山の気候らしく1日の寒暖差、四季もはっきりしています。

このため、ここでしか取れないもの、育たないものもたくさんあり、食材もとても多様です。

王宮があること、カフェ文化が発達していることもあり、お菓子類もとても充実しています。

 

ピエモンテ州の料理

 

・アニョロッティ Agnolotti

肉類の詰め物をしたパスタです。

・アニョロッティ・アル・プリン Agnolotti al plin

肉、チーズなどを詰めた小さなパスタです。

・タヤリン Tajarin

卵黄を混ぜたパスタ記事を細長く切ったパスタです。

・リゾット Risotto

東部のパダーナ平原で米が収穫できるため米料理が充実しています。特産物であるチーズ、トリュフ、鴨、豆類などが使われます。

・トフェイヤ Tofeja

トフェイヤというテラコッタ製の鍋で、豚の各部位、うずら豆、玉ねぎ、人参、セロリ、トマトを赤ワインを煮込んだ料理です。

・バーニャ・カウダ Bagna cauda

スティック状に切った生野菜を、アンチョビ、にんにく、オリーブオイルを温めたソースにつけていただきます。

・カルネ・クルーダ Carne cruda

牛肉をたたいたものを、にんにく、塩、胡椒、パセリ、オリーブオイルで和えたものです。

・ブラザート Brasato

牛肉を人参、セロリ、玉ねぎ、赤ワインでマリネし煮込んだ料理です。

・ボッリート・ミスト Bollito misto

多種の肉、部位を長時間ゆでたものをパセリソースやトマトソースをつけていただく料理です。

・牛肉のツナソース Vitello Tonnato

牛肉の薄切りにツナソースかけたものです。

 

ピエモンテ州の特産物

 

・米 Riso

・野菜

とうもろこし Mais

ペペローネ Peperoni

カルディ Cardi

アスパラガス Asparagi

小玉ねぎ Cipolle

・果物

桃 Pesche

サクランボ Ciliege

栗 Castagne

・キノコ

ポルチーニ Porcini

白トリュフ Tartufi

・種実類

ヘーゼルナッツ Nocciole

・肉

牛 Vitello

ウサギ

子羊

・チーズ

べテルマット Bettelmatt
ブラ Bra DOP
カプリ―ノ Caprino della Val Vigezzo、Caprino Lattico Piemontese、Caprino Valsesiano
カステルマーニョ Castelmagno DOP
ジョーダ Gioda
ゴルゴンゾーラ Gorgonzola DOP

グラーナ・パダーノ Grana Padano DOP
ムラッツァーノ Murazzano DOP
オッソラーノ Ossolano
ラスケーラ Raschera DOP
ロビオーラ Robiola d’Alba
ロビオーラ・ディ・ロッカヴェラーノ Robiola di Roccaverano DOP
タレッジョ Taleggio DOP

トーマ Toma Piemontese DOP

・肉加工品

ブレザオーラ Bresaola della Val d'Ossola
コッパ・コッタ Coppa Cotta Bieleisa
クーネオ産生ハム Crudo di Cuneo DOP
フィレット・バチャート・ディ・ポンツォーネ Filetto Baciato di Ponzone ひき肉の中に肉を詰めた加工品
ラルド Lardo al rosmarino di Cavour
モルタデッラ Mortadella di Fegato Cruda レバーを加えたモルタデッラ
サラーメ・ディ・ヴァッレ・トルトネージ Salame di Valle Tortonesi
サラーメ・ピエモンテ Salame Piemonte IGP

ムスタルデーラ Mustardela delle valli valdesi 豚肉の色々な部位を腸詰めしたもの

・パン

グリッシーニ Grissini

ビオーヴァ Biova 外側は固く中は空洞があり柔らかい小さなパン

リングア・ディ・スオーチェラ Lingua di Suocera グリッシーニの生地を薄く大きくのばして焼いたもの

・菓子

アマレッティ Amaretti アーモンド味の焼き菓子

すみれのキャンディ Violette candite

バーチ・ディ・ダーマ Baci di Dama チョコレートクリームを間に挟んだ焼き菓子

ボネ Bonèt 

アマレッティの生地にカカオ、卵黄、ラムなどを混ぜたもの

チョコレート Cioccolato

ザバイオーネクリーム Zabaglione

ヘーゼルナッツのケーキ Torta di Nocciola

 

ピエモンテ州のワイン

 

ピエモンテ州はイタリアで最も重要なワインの生産地の一つです。

ランゲ、ロエロ、モンフェッラート地区は葡萄畑の景観が世界遺産に登録されています。

 

・赤ワイン

バローロ Barolo

バルバレスコ Barbaresco

バルベーラ Barbera

フレイザ Freisa

グリニョーロ Grignolino

ネッビオーロ Nebbiolo

ドルチェット Dolcetto

・白ワイン

アルネイス l'Arneis

ファヴォリータ Favorita

コルテーゼ Cortese

・発泡性ワイン

モスカート Moscato

ブラケット Brachetto

・パッシート

バローロ・クリナート Barolo chinato

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

イタリア20州のおいしいものーヴァッレ・ダオスタ州

こんにちは。

4月下旬になり、イタリア旅行に最も適した良い季節になってきました。

 

イタリアは南北に長く、山も海もあり、土地ごとにたくさんの特産物があります。

その土地の得意な部分を生かしたおいしいものがたくさんあるので、旅に出る時、行く場所の美味しいものを調べていきます。

今までまとめたものを少しずつ州ごとに北から書いてみたいと思います。

今日は、ヴァッレ・ダオスタ州です。

 

ヴァッレ・ダオスタ州は、イタリアの西北の端、フランスとスイスに接しています。

山が多く、気温も湿度も低いので、オリーブオイルよりバターやラードが使われ、小麦を使ったパスタよりトウモロコシの粉で作るポレンタが多いです。

冬は寒さが厳しく、雪も多いので、保存食が発達し、パンなども長く食べられるように工夫した料理が見られ、体を温めるような料理、飲み物が多いです。

 

ヴァッレ・ダオスタ州の料理

 

・ポレンタ・コンチャ Porenta Concia

トウモロコシの粉を練ったものに、バターとフォンティーナチーズをのせてオーブンで焼いた料理です。

・フォンドゥータ Fonduta

フォンティーナチーズを卵黄と牛乳で混ぜて溶かし、パン等につけていただきます。

・カルボナーダ Carbonada

角切りにした牛肉、パンチェッタ、玉ねぎをバターとワインで煮た料理です。赤ワインにとても合う煮込み料理です。

・スッペッタ・ディ・コーニェ Seupetta di Cogne

米とパンをチーズ、バター、牛肉のだしからとったスープで煮たものです。

 

ヴァッレ・ダオスタ州の特産物

 

・チーズ

フォンティーナ Fontina

フロマッツォ Fromadzo Dop

トーマ Toma

・肉加工品

ラルド Lard d’Arnad Dop

モチェッタ Motsetta 鹿、牛などの赤身肉のハム

ジャンボン Jambon de Bosses Dop ボッセ産の生ハム

ブーダン Boudin 豚肉、ラルド、ジャガイモ、ビート、スパイスなどから作ったサラミ

・果物

栗 Castagne

くるみ Noci

リンゴ Mele

洋梨

・その他

はちみつ Miele

ライ麦パン Pane di segale

 

ヴァッレ・ダオスタ州のワイン

 

フランスに接しているので、フランスの品種のブドウから作られるワインもあります。

すっきりした白ワイン、発泡性ワインが多いです。

ぶどうの搾りかすを蒸留して作ったグラッパも特産品です。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

 

イタリア料理レシピ パスタートルテッリーニ・アル・ポモドーロ

f:id:keiko19-74:20180314081113j:plain

こんにちは。

暖かい日が続き、イタリア旅行に一番良い季節が近づいてきます。

 

今日は、トルテッリーニというパスタの中に詰め物をしたパスタのレシピを書きたいと思います。

 

冬にイタリア旅行に行った時に、フィレンツェでラビオリを何度かいただき、ラビオリの型を買ってきて家で何度か作りました。

とても美味しいのですが少し手のかかる料理で、頻繁に作れずにいました。

簡単にもっとたくさん食べたい、と思い、色々探していると、ラビオリとは少し違いますが、トルテッリーニというイタリアで買ってきたような、中に詰め物をしたパスタが輸入食品店のカルディで売っているのを見つけて、家で作ってみました。

中にはチーズと卵の詰め物が入っていました。

茹でで、トマトソースに和えるだけですが、とても簡単で美味しかったです。

 

トルテッリーニは、エミリア・ロマーニャ州の料理で、お肉でとったスープでいただきます。

今回は、スープがなかったので、トマトソースに和えましたが、とても美味しかったです。

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

イタリアで食べたものー黒キャベツとミートボールのパスタ

f:id:keiko19-74:20180219080231j:plain

こんにちは。

今日は、イタリアで食べたもののことを書きたいと思います。

 

昼食に、フィレンツェの小さなお店で、黒キャベツとポルペッテのピーチをいただきました。

 

ピーチは、うどんのようなもちもちしたパスタで、フィレンツェの近くのシエナの名物パスタです。

冬が旬の黒キャベツと、小さなミートボールをトマトソースで煮込んだ、寒い冬にぴったりのメニューでした。

黒キャベツは甘みがあって、とても美味しかったです。

 

食事の時に、一緒にハウスワインを頼むと、その地域で食事の時に飲まれる普段のワインを出してもらえるので、どんな食事にも合いとても美味しくいただけます。

フィレンツェでは、毎日どんどん飲めるようなキャンティが多いように思いますが、昼と夜では同じお店でも違ったりして楽しいです。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

イタリア旅行の朝食

こんにちは。

今日は、年末年始のイタリア旅行での朝食のことを書きたいと思います。

 

前回イタリア旅行に行った時は、帰ってきてから旅日記として日付を追って書いていきました。

 

italiamania.hatenablog.jp

 

今回は、旅の間の出来事と、そこから思ったことや関連して調べてみたこと、やってみたことなどを、ほんの少しずつですが書いていけたらと考えています。

 

この冬のイタリア旅行では、ホテル、B&B、アパートメントと、3つの違うタイプの宿泊施設を利用しました。

 

f:id:keiko19-74:20180130120819j:plain

ミラノのホテルでは、ホテル内のレストランで朝食ブッフェをいただきました。

 

f:id:keiko19-74:20180130120902j:plain

フィレンツェB&Bでは、近くのバールで朝食をとるようになっていたので、そちらでいただきました。

 

ミラノのアパートメントでは、前日に朝食用に食べたいもの、パン、ヨーグルト、野菜、果物などを買ってきていただきました。

 

ホテルのレストランは、バカンスやビジネスで宿泊している人だけが食事をしていると思うのですが、バールでは、私たちのようにB&Bを通して利用している人、地元の人も朝食のために来ていました。

イタリアの人の朝食は、エスプレッソやカップチーノと、甘いクロワッサンのようなパンだったり、クラッカーやラスクのようなものだったり、とても軽いものでした。

 

子どもと一緒のゆっくりした旅行だからこそ、ゆっくり周りを観察出来たりできるのだなあと思い、とても楽しい時間でした。

 

読んでくださりありがとうございます。