読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

italiamania blog

大好きなイタリアの旅、料理、ワイン、その他イタリアについての色々なことを書いていきます。

イタリアの街-ヴェローナ ワイン

f:id:keiko19-74:20170524094706j:plain

こんにちは。
今日は、イタリアの街、ヴェローナのワインについて書きたいと思います。


ヴェローナのあるヴェネト州は、イタリアの中でも有数のワインの産地です。
特に、ヴェローナ周辺は、ワインの収穫が盛んで、赤白共に良質のワインがたくさんあります。
ヴェローナに行ったら、是非色々なワインを少しずつ試してみると良いと思います。


●バルドリーノ


辛口の赤ワインです。
グラスに注いだ様子がとても綺麗なガーネット色です。
チーズや、鶏肉を焼いたものなどに合います。


ソアーヴェ


辛口で、少し苦みのある白ワインです。
甲殻類を使った料理、魚のソースのパスタ料理などが合います。
さっぱりとしていながら深い香りがある、飲みやすいワインです。


●ヴァルポリチェッラ


コクがある辛口の赤ワインです。
アーモンドのような深い香りと味で、肉料理に合います。


●アマローネ


ヴァルポリチェッラを長期熟成させたワインです。
熟成の進んだチーズなどと一緒にゆっくり飲むのが良いです。
高価なワインですが、長期熟成に向き、味わい深いワインです。


●ビアンコ・ディ・クストー


ヴェローナ近くの、ガルダ湖の近くにある、クストーザという地区のワインです。
辛口の白で、ふくよかで味わい深く、とても上品な香りのするワインです。
魚介料理全般に合います。


ヴェローナ周辺は、ワインの栽培が盛んなので、地元のワインがたくさんあります。
食事と合わせて、ワインを選ぶ楽しみがたくさんあり、色々な面でお勧めの街です。


読んで下さりありがとうございます。

 

 

イタリアの街ーヴェローナ 料理

f:id:keiko19-74:20170522121943j:plain

こんにちは。
今日は、イタリアの街、ヴェローナの料理について書きたいと思います。


ヴェローナの料理は、ヴェネツィアに代表される他のヴェネト州の料理と同じようなものがいただけますが、少し内陸なので、肉料理もたくさんあります。
ヴェネト産の赤ワインに合う肉料理が豊富です。


●米料理


・グリンピースのリゾット(Risi e bisi)


グリンピース、パンチェッタのリゾットです。
春、グリンピースの時期に食されます。

春の濃い味のグリンピースが赤ワインに合います。


・アマローネのリゾット(Risotto all'amarone)


ヴェネト州の辛口赤ワイン、アマローネを使ったリゾットです。
とても濃厚で美味しいです。


ヴェローナ産セロリのリゾット(Risotto con sedano rapa di verona)


普通のセロリよりも、ずっと茎が太いヴェローナ名物のセロリのリゾットです。


・イチゴのリゾット(Risotto Alle fragole)


ヴェローナはイチゴの産地です。
イチゴとお米の組み合わせは、食べる前は疑問に思いますが、食べてみると白ワインに合う料理です。


●じゃがいも料理


付け合わせとしてオーブン焼きにしたもの、茹でたもの、蒸かしたもの、ニョッキなど、美味しい食べ方がたくさんあります。


●ポレンタ(Polenta)


トウモロコシの粉を水で長時間練ったものです。
とろとろのまま、また、成形して焼いて食べたりもします。
肉料理の付け合わせとして出されます。
お肉のソースをつけていただくと、とても美味しいです。


●魚料理


・干し鱈のトマト煮(baccalà con pomodoro)


水で戻した干し鱈をトマトで煮たものです。
ジャガイモが一緒に煮込まれたりもします。


・イワシ料理


ハーブと塩、にんにくで味付けし、グリルで焼いたり、オーブンで焼いたり、衣をつけて揚げたり、たくさんの料理があります。


●肉料理


・馬


塩で味付けをしてグリルで焼いたり、加工したサラミ類が名物です。


・牛


やはり、グリルで焼いたり、茹でたりしていただくことことが多いですが、ここでは地元産の赤ワイン、アマローネで煮たものをいただくととても美味しいです。


・鳥


鶏肉の他、七面鳥や鳩がよく食べられます。
焼いたり、茹でてソースをかけて、いただきます。


●ドルチェ


・パン・ドーロ(Pandoro)


クリスマスにいただくヴェローナ名物のお菓子です。
卵、バター、砂糖がたくさん入ったパン生地を星形の型に入れて焼いたものです。
食事の後のデザートというよりも、朝食にいただく甘いケーキのようなものです。
クリスマス前には、いたる所で売られていますが、普段でもお土産として売られていたりします。


素敵な街の雰囲気の中で、ゆったりと食事をする楽しみも味わえ、ぜひ訪れたい場所です。
美味しいものがたくさんあるので、1日観光だと食事回数が足りないくらいです。


読んで下さりありがとうございます。

 

 

イタリア料理レシピ パスタートマトソースのペンネ

f:id:keiko19-74:20170519114018j:plain>

こんにちは。
今日はイタリア料理、トマトソースのペンネのレシピを書きたいと思います。


トマトソースのパスタはイタリアの最も基本的なメニューです。
きっと各家庭によって、色々な作り方があって、アレンジもたくさんあるのだと思います。


生のトマトを煮詰めてソースを作ったりもしますが、ここでは、とても気軽に、トマトの缶詰で作るソースを書きます。
トマト缶も、たくさんの種類がありますが、ホールトマトをつぶしながら作ったり、カットトマトをそのまま使ったり、どちらでもよいと思います。
とてもシンプルな料理なので、トマト缶とパスタがあればいつでも作れます。
シンプルな調理なので、丁寧に作ることが大事だなあと思います。


パスタはショートパスタでもロングパスタでも何でも合います。
今回は、乾燥パスタのペンネを使いました。


●トマトソースのペンネ


・材料(4人分) Ingredienti


ペンネ 400g
トマトの缶詰 1缶
オリーブオイル 大さじ2
塩 小さじ2
にんにく 1片


・作り方 Preparazione


1 にんにくをみじん切りにし、オリーブオイルを熱した鍋に入れ、30秒程炒めます。
2 トマト缶、塩を加え、トマトをつぶしながら、4~5分程煮ます。
3 お湯を沸かし、ペンネを袋の表示通りに茹でます。
4 茹であがったペンネを2のソースと和えます。
5 器に盛ります。


お好みで、パルミジャーノ・レッジャーノや、ペコリーノ・ロマーノ、グラナ・パダーノなどをかけても良いです。


塩を加える時に、バジルやオレガノ(フレッシュでもドライでも良いです)を加えてもおいしいです。


とても簡単ですが、トマト缶の水気をとばすのに煮込む具合や、オリーブオイルの量など、好みのソースするのには、何度か作って自分の好みを見つけるのが良いと思います。


読んで下さりありがとうございます。

 

イタリアの街ーヴェローナ 観光

f:id:keiko19-74:20170518105335j:plain

こんにちは。
今日は、イタリアの街、ヴェローナの観光について書きたいと思います。


ヴェローナは、観光スポットがほとんど徒歩圏内にあります。
ゆったりと優雅な雰囲気の街を、1日ゆっくり歩くのがお勧めです。
道も広く、治安も良いので、子どもと一緒にゆっくり散策することが出来ます。


駅を出て、ポルタ・ヌオーヴァ通りという、広い通りを行くと、ブラ広場、アレーナが見えてきます。
そこから、マッツィーニ通りという、ショッピングが楽しいお店がたくさん並んだ通りを行くと、エルベ広場、ジュリエッタの家があります。
そこからさらにドゥオーモ通りを行くと、ドゥオーモがあります。
少し先に行くとアディジェ川の流れが見えてきます。
時間があれば、川を渡って、ローマ時代の劇場、考古学博物館などを見学するのも良いと思います。


アレーナ(Arena)


1世紀に造られた劇場です。
実際に現在も劇場として使われています。
ローマ時代の劇場としては3番目に大きいものです。


ジュリエッタの家(Casa di Giulietta)


ジュリエッタの家とされている、12世紀に建てられた建物です。
ジュリエッタの像があり、バルコニーがついた建物で、たくさんの人が訪れています。


●市庁舎(Palazzo del Comune)


こちらの建物に付属しているランベルティの塔(Torre dei Lamberti)に上り、上からヴェローナの景色を楽しむことが出来ます。


ドゥオーモ(Duomo)


作られた時代に合わせたさまざまな様式で作られた建物になっています。
こじんまりと街の中に立っていて風情がある、ヴェローナらしい建物です。
ティツィアーノの「聖母被昇天」があります。


>ローマ時代の劇場(Teatro Romano)


1世紀のローマ時代の劇場が部分的に残っています。
タイムスリップしたような風景が広がっています。


考古学博物館(Museo Archeologico)


博物館には、ローマ時代のヴェローナからの発掘品が展示されています。
ここからのヴェローナの街並みとアディジェ川の景色が素晴らしいです。


●カステルヴェッキオ(Castelvecchio)


内部にカステルヴェッキオ美術館(Museo di Castelvecchio)があります。

マンテーニャの「聖家族」、ヴェロネーゼの「キリスト降架」など、様々な貴重な展示品があります。


サン・ゼノ・マッジョーレ聖堂(Basilica di San Zeno)

 

ロマネスク様式の教会を、代表する建物と言われています。
そういわれる通り、とても整った、美しい建物です。
マンテーニャの「聖母と諸聖人」があります。


コンパクトに分かりやすく、街がまとまってくれているので、ゆっくりと楽しむことが出来ると思います。
とてもお勧めの素敵な街です。


読んで下さりありがとうございます。

 

イタリアの街ーヴェローナ 交通

f:id:keiko19-74:20170515102147j:plain

こんにちは。
今日は、イタリアの街、ヴェローナについて書きたいと思います。


ヴェローナは、北イタリア、ヴェネト州の街です。
シェイクスピアロミオとジュリエットのお話の舞台であることで有名です。
また、Viniitalyという、イタリア最大のワインの祭典が行われます。


●飛行機

 

日本からヴェローナへの直行便は出ていないので、近隣のミラノヴェネツィアボローニャの空港から電車で向かうのが良いと思います。


ボローニャ G.マルコーニ空港
ヴェネツィア ヴェネツィア国際空港
ミラノ マルペンサ空港


●電車


ヴェローナの駅はいくつかありますが、観光で訪れる時は、ヴェローナ・ポルタ・ヌオーヴァ駅に到着することになります。
近隣の大都市からのアクセスがとても良いので、行きやすいと思います。

各駅からの所要時間は、一番早い電車で行った場合です。


ボローニャ 約50分
ヴェネツィア 約1時間10分
ミラノ 約1時間15分


Trenitalia


ヴェローナの駅と街の中心地、観光名所とも、とても近いので、駅から徒歩で行くことも出来ます。
街の中心部から少し離れた場所に行く場合や、徒歩での移動が難しい場合は、街の中を走る観光バスがあり、一度チケットを購入すると乗り降り自由で便利です。


City Sightseeing Verona


治安も良く、街も綺麗で、お店がとても充実しているので、徒歩で散策するのがおすすめです。
アクセスも良く、食べ物も美味しく、是非立ち寄られると良いと思います。


読んで下さりありがとうございます。