italiamania blog

大好きなイタリアの旅、料理、ワイン、その他イタリアについての色々なことを書いていきます。

イタリアの街ーブレーシャ 交通

こんにちは。

今日はイタリアの街、ブレーシャについて書きたいと思います。

 

ブレーシャは、ミラノのあるロンバルディア州にあります。

ミラノに次ぐロンバルディア州第2の都市です。

小さな街ですが、城と3つの門があり、城壁都市だったことがうかがわれます。

街の道路は網目状になっており、それほど広くはないので、歩いて観光が出来ます。

 

●ブレーシャまで

 

ミラノから快速電車が出ていて、40分弱で行くことが出来ます。

電車の予約は旅行前にしていった方が確実ですが、ミラノからはとても近いので、現地で切符を買っても良いと思います。

また、ヴェローナから1時間、ヴェネツィアから2時間と、大きな都市のアクセスが意外と良いです。

 

Trenitalia

 

●ブレーシャで

 

大きな街ではないので、基本的には徒歩でまわることが出来ますが、バス、地下鉄も広い範囲で走っているので、とても便利に使うことが出来ると思います。

切符はバール、売店などで購入出来、1.2Eで75分有効のものと、3.4Eで24時間有効のものがあります。

駅から街の中心までは、地下鉄でヴィット―リア駅まで(1駅です)、バスでは1番、2番のオレンジ色のバスで行くことが出来ます。

 

観光案内所が街に2つあるので、そこで地図をもらって散策すると良いです。

 

INFOPOINT Centro  Via Trieste 1/Piazza Paolo VI

INFOPOINT Stazione  Piazzale Stazione

 

Turismo Brescia

 

小さな街ながら見どころが意外とあるように思うので、ミラノからゆっくり日帰りで出かけるのにとても良いと思います。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

イタリア料理レシピ パスターパスタ・アッラマトリチャーナ

f:id:keiko19-74:20171107084814j:plain

こんにちは。

今日は、イタリア料理、アマトリーチェ風パスタのレシピを書きたいと思います。

 

アマトリーチェは、ローマ近郊の都市で、このパスタはアマトリーチェの名物料理です。

パンチェッタという豚肉の塩漬けの味とトマト、ペコリーノ・ロマーノがとても良い具合に絡まり、ラツィオ州特産の白ワインととてもよく合います。

土地のものを生かした美味しいパスタです。

 

今回はペンネを使いましたが、もともとはブカティーニという細長いパスタの真ん中に穴が開いたものを使います。

無かったらスパゲッティや、ペンネなど、どんなパスタでも会うと思います。

また、パンチェッタは、無ければベーコンで良いと思います。

 

●パスタ・アッラマトリチャーナ Pasta all'Amatriciana

 

・材料(4人分) Ingredienti

 

パスタ  100g

トマト缶 1缶

オリーブオイル 大さじ2

塩 小さじ2

ペコリーノ・ロマーノ お好きな分

 

・作り方 Preparazione

 

1 パンチェッタを5mm幅位に切り、オリーブオイルを熱した鍋に入れて、中弱火で炒めます。

2 大体火が通ったら、トマト缶、塩を加えて煮、煮立ってから2~3分ほど中弱火で煮ます。

3 別の鍋でパスタを茹でます。

4 パスタのお湯を切ってソースを和えます。

5 ペコリーノ・ロマーノをすり下ろし、かけていただきます。

 

今回はペコリーノ・ロマーノをかける前に写真を撮ってしまいましたが、たくさんかけた方が美味しいです。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

 

イタリア、ミラノからの日帰り旅行

f:id:keiko19-74:20171031084907j:plain

こんにちは。

 

日本から飛行機でイタリアに行く時、大きな空港のあるローマ、ミラノから入ることが多いと思います。

今日は、ミラノに滞在し、朝ミラノを出て、日帰りで楽しめる街を探してみたいと思います。

 

朝食をいただき、8時に宿泊場所を出発して、2時間くらいで行くことのできる場所なら、午前のうちに到着、昼食にその土地のものをいただき、夕方まで観光、ショッピングなどを楽しみ、ミラノへ向かうと、夕食の時間にゆとりをもって帰ってくることが出来ます。

 

行けそうな場所をリストアップしてみようと思います。

時間は一番速いもの、料金は一番早いもので行った場合で、2017年11月現在のものです。

 

●Torino トリノ 1時間 Frecciarossa 33Eitaliamania.hatenablog.jp

italiamania.hatenablog.jp

italiamania.hatenablog.jp

 ●Firenze フィレンツェ Frecciarossa 1時間40分 55E 

italiamania.hatenablog.jp

italiamania.hatenablog.jp

italiamania.hatenablog.jp

italiamania.hatenablog.jp

●Bologna ボローニャ Frecciarossa 1時間2分 45E 

italiamania.hatenablog.jp

 italiamania.hatenablog.jp

 

italiamania.hatenablog.jp

italiamania.hatenablog.jp

 ●Bergamo ベルガモ Regionale 48分 5.5E

●Cremona クレモナ Regionale 1時間8分 7.3E

●Brescia ブレシア Frecciarossa 35分 25E

●Novara ノヴァーラ Regionale 38分 5.5E

●Mantova マントヴァ Regionale 1時間55分 11.5E

●Genova ジェノヴァ Intercity 1時間40分 21.5E

●Parma パルマ Frecciabianca 1時間9分 24Eitaliamania.hatenablog.jp

 italiamania.hatenablog.jp

italiamania.hatenablog.jp

 

挙げてみると見どころがある場所がたくさんあるなあと思います。

もし、何日かミラノに滞在することになったら、ミラノから少し足を延ばして電車に乗って違う街を見るのも良いです。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

秋~初冬のイタリア旅行

f:id:keiko19-74:20171025095934j:plain

こんにちは。
今日は、秋~初冬のイタリア旅行について書きたいと思います。
 
秋から冬、10月から11月にかけて、1年の中で2月頃の真冬とともに、イタリアでは、旅行者、観光客が一番少ない時期だと思います。
北イタリアは、山の方はまだまだ寒いですが、街の方は暖かい日も続くようになります。
南イタリアはどんどん暖かくなり、花々も綺麗に咲き始め、とても良い時期です。
基本的には、北から南まで、日本と同じ位に考えて良いと思います。
 
●準備
 
10月終わりから11月のイタリアは閑散期のようで、とても空いています。

飛行機も、宿泊も他の時期より圧倒的に安いと思います。

雨の多い季節なので、雨が降っても楽しめるような日程を組むと良いです。

ショッピングや、美術館、外の移動をせずに良かったり、ボローニャのように、もともと雨が多くても歩けるように、歩道に屋根がついているような場所などに行くことを考えるのも楽しいです。
 
Expedia
Booking.com
 
●持ち物
 
だんだん冬の気候になってくるので、朝晩は特に冷えます。

基本的には日本と同じ服装で良いと思いますが、北イタリアなどは日本より寒いので、一つ厚手の上着があると良いです。

ジャケットやカーディガン、ストールなど、調節できるアイテムが良いです。
11月下旬になると、冬本番になってくるので、ダウンジャケットなどがあっても良いと思います。
機内の中は寒いイメージがありますが、人が多く、意外と暖かい場合もあるので、こちらも調節可能な服が良いです。

11月は雨が多いので、雨具を使いやすいように用意していきます。
 
●観光


10月終わりから11月ののイタリアは、観光地はとても空いているので、美術館なども予約をしていくと、絶対に大丈夫という安心感はありますが、他の時期よりはずっと空いているので、普段は予約がないと入れないほど混んでいるところでも、少し並べば入れるところが多いです。

予約をしなくては入れない所は、必ず事前にしていくか、イタリアについてから、他の様子を考慮して現地で予約します。
イタリアでは、紅葉を楽しむ日本のような風習はないように思いますが、木々が色づいてとてもきれいです。
 
●食事

キノコ、栗など秋ならではの食材が豊富で、色々な場所でお祭りのような形で秋の食材を楽しむ行事などもたくさんあります。

ワインも、11月に新種が出るので、その年のワインがいち早く楽しめます。

日本で購入するよりずっと安いので、色々な地方のワインがたくさん楽しめます。
 
秋から初冬にかけては、 これから寒い冬に向かう街の雰囲気がとても素敵です。

美術館なども比較的空いているので、旅行にはとてもお勧めの時期です。


読んで下さりありがとうございます。
 

イタリア料理レシピ お菓子ービスコッティ

f:id:keiko19-74:20171020123721j:plain

こんにちは。

今日は、イタリアのお菓子、ビスコッティのレシピを書きたいと思います。

 

ビスコッティは、イタリア、トスカーナ地方のお菓子で、カントゥッチと言われます。

朝食としてカップチーノと一緒いただいたり、おやつ、お茶の時間や、食後のデザートに、ヴィン・サントというトスカーナ地方の甘いデザートワインに浸したりしていただきます。

 

アーモンドが入っているものが最もポピュラーですが、他のナッツ類、クルミ、ピスタチオなどや、チョコレートが入っているものもあります。

 

ビスコッティは、輸入食材店などでも買えますが、作ってみると、時間はかかりますが思っていたよりも簡単に出来、とても美味しかったので、ご紹介します。

 

●アーモンド・ビスコッティ Biscotti alle Mandorle

 

・材料 Ingredienti

 

小麦粉 180g

ベーキングパウダー 小さじ1

砂糖 80g

卵 1個

アーモンド 80g

 

・作り方 Preparazione

 

1 アーモンド以外の材料を全て混ぜ、アーモンドを加えてひとまとまりにします。まとめにくい場合は、水を少し加えてまとめます。

2 2つに分けて、かまぼこ型にします。

3 170℃に予熱したオーブンで35分焼きます。

4 熱いうちに1cm幅に切り、切り口を上にして、150℃のオーブンで20分焼きます。

 

アーモンドを他のものに代えて作ったり、無かったらなくても良いと思います。

家にある材料で簡単に作れ、とても美味しいので、また近いうちに作りたいなと思います。

 

読んでくださりありがとうございます。