italiamania blog

大好きなイタリアの旅、料理、ワイン、その他イタリアについての色々なことを書いていきます。

イタリア旅行の朝食

こんにちは。

今日は、年末年始のイタリア旅行での朝食のことを書きたいと思います。

 

前回イタリア旅行に行った時は、帰ってきてから旅日記として日付を追って書いていきました。

 

italiamania.hatenablog.jp

 

今回は、旅の間の出来事と、そこから思ったことや関連して調べてみたこと、やってみたことなどを、ほんの少しずつですが書いていけたらと考えています。

 

この冬のイタリア旅行では、ホテル、B&B、アパートメントと、3つの違うタイプの宿泊施設を利用しました。

 

f:id:keiko19-74:20180130120819j:plain

ミラノのホテルでは、ホテル内のレストランで朝食ブッフェをいただきました。

 

f:id:keiko19-74:20180130120902j:plain

フィレンツェB&Bでは、近くのバールで朝食をとるようになっていたので、そちらでいただきました。

 

ミラノのアパートメントでは、前日に朝食用に食べたいもの、パン、ヨーグルト、野菜、果物などを買ってきていただきました。

 

ホテルのレストランは、バカンスやビジネスで宿泊している人だけが食事をしていると思うのですが、バールでは、私たちのようにB&Bを通して利用している人、地元の人も朝食のために来ていました。

イタリアの人の朝食は、エスプレッソやカップチーノと、甘いクロワッサンのようなパンだったり、クラッカーやラスクのようなものだったり、とても軽いものでした。

 

子どもと一緒のゆっくりした旅行だからこそ、ゆっくり周りを観察出来たりできるのだなあと思い、とても楽しい時間でした。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

2017年~2018年冬、イタリア旅行にかかった費用

f:id:keiko19-74:20180125083828j:plain

こんにちは。

今日は、この冬のイタリア旅行で、実際にかかった費用について書きたいと思います。

 

今回は、2017年12月末から2018年1月初め、6泊8日で行きました。

大人一人、子ども二人ですが、飛行機の料金が子ども一人大人料金となったので、宿泊は大人一人と子ども二人の料金ですが、飛行機は大人二人、子ども1人の料金です。

 

飛行機 263000円

宿泊6泊 111000円

食事 46000円

買い物 33000円

電車、バス、地下鉄など交通費 36000円

入場料、観覧料など観光費 10000円

合計 約499000円

 

1年前の同じ時期にも行っていますが、今年の方が少し費用が掛かっています。

前回よりもレストランのようなところに入って食事をする回数が増えたり、食べたいものが色々あったり、子どもが大きくなってきて、常に3人分の食事を頼んだり購入したりしていたので、食事代が増えていますが、今回の旅は少し食を充実させたいと思っていたのでこのようになっています。

 

旅の目的によって、お金をかけるところを変えると、メリハリがあって良いと思います。

ホテルにお金をかけて、食事はちょっと控えめとか、色々な場所に行きたいので交通費は多くかけるとか、準備段階で大体考えておくと現地でも余裕をもって旅ができると思います。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

 

2017年12月、イタリア旅行の旅支度2

こんにちは。

2017年12月末、6泊8日でイタリア、ミラノフィレンツェを旅してきました。

今日は、荷造りについて書きたいと思います。

 

●持って行ったバッグ

 

行く前は昨年と同様、機内持ち込み手荷物だけで行きたい、と考えていましたが、荷造りを進めていくと子ども達の持てる荷物などの関係から、結局スーツケースを持っていきました。

結果的には、宿泊場所を駅に近いところにしていたので、重い荷物を気にしながらリュックで行くよりも、スーツケースを引いていく方が良かったと思いました。

でも、いつかは、小さなバッグ一つでイタリアを旅出来たらいいな、と考えています。

機内持ち込みのバッグ、現地で少し出かけるのに持つ小さなバッグを他に2つ持っていきました。

現地では、機内持ち込み用にした大きめのバッグは全く使いませんでした。

そのほかに、スーパーなどで買い物をした時のために大きめの折りたたみバッグを持っていきました。

2lのミネラルウォーターを2~3本まとめて買ったりするので、アパートメント滞在の時や、連泊するときは大きいものを持っていきます。

 

●持ち物リストと振り返り

 

・機内持ち込み手荷物

現金 1泊1万円位 今回は1E=135円で換金

パスポート

クレジットカード2枚 別々の場所に

旅行保険証書 子どもだけ加入、私はクレジットカード付帯保険

以上3つのコピー

エアチケット予約確認書

電車、バス、美術館等チケット

パスポート用写真

ペン

メモ帳

修正テープ

スマートフォン

ヘッドホン 機内では使わなかったのでスーツケースへ

カメラ

辞書

イタリア語と英語の旅行会話本 

 

 眼鏡

コンタクトレンズ用品(ケース、保存液)

予備コンタクトレンズ

ウェットティッシュ

ティッシュ ウェットティッシュのみで〇

ミニタオル

ビニール袋大き目3枚 ゴミ用と持ち帰り用2枚で〇

薬(熱、風邪、鎮痛、腸、胃、解熱、咳、絆創膏)

化粧品(ファンデーション、チーク、アイシャドウ、アイライナー、リップクリーム、グロス

ゴム

子どものみ↓

1日分の着替え

迷子カード

機内用に脱ぎやすい靴 無くても〇

おやつ、軽食

本、雑誌、文具類等機内で遊ぶもの

 

・スーツケース

トップス2枚

ボトムス2枚

フットウェア3組

インナー3枚

ホームウェア1組子ども2組

手袋

折りたたみ傘

バッグ小

変換プラグ2個

スマートフォン充電器

カメラ充電器

予備SDカード2枚

ヘアアイロン

ラップ

セロテープ

プラスチックフォーク

歯ブラシ

歯磨き粉

オイル

ヘアオイル オイルと兼ねられれば不要

クレンジングシート オイル、ウェットティッシュで〇

ウェットティッシュ

ティッシュ あまり使わなかったので1組で〇

ミニタオル1枚

ツイザー

鉛筆削り

カイロ6組 最終日は使わないので5組で〇

スリッパ 宿泊先にある場合は不要

パスポート、クレジットカード2枚、旅行保険証書、エアチケット予約確認書、電車、バス、美術館等チケットのコピー

 

冬なので、アウターやストール、インナーダウンなどは身に着けて行きましたが、洋服類はとてもかさばるのでパッキングが大変でした。

次回のために一度振り返り、また見直してみたいと思います。

 

読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

2017年12月、イタリア旅行の旅支度

f:id:keiko19-74:20180109084433j:plain

こんにちは。

2017年12月末、6泊8日でイタリア、ミラノフィレンツェを旅してきました。

今日は、次回の旅のために旅支度のまとめをしたいと思います。

 

2017年

11月中旬

アリタリア航空 航空券予約

11月中旬から下旬

agodaにてミラノホテル1泊、フィレンツェB&B予約

Booking.comにてミラノアパートメント3泊予約

12月上旬

成田エクスプレス予約

Trenitaliaフィレンツェミラノ往復予約

美術館などの予約

旅行保険加入

12月中旬

Malpensa Shuttle予約

12月下旬

荷造り

 

このような感じで進めました。

25日出発だったので、空港からミラノ中央駅のバスなどはいつもよりも本数が少なかったり、冬のバカンス中の滞在だったので、美術館や、電車などは早めに予約しておきました。

 

次回は、荷造りについて書きたいと思います。

読んでくださりありがとうございます。

 

冬のヨーロッパ、イタリア旅行の持ち物

f:id:keiko19-74:20171221100307j:plain

こんにちは。

もうすぐイタリア旅行への出発です。

持ち物の確認をしながらパッキングなどをしています。

 

今回も、小学生の娘2人と3人の旅です。

2人とも、今のところは自分の荷物はほどんど自分で持つことにしたので、私も自分が持つ分が少なくなると思うので、3人ともバックパックで行くことにしました。

私はニクソンの33Lのバックパック、娘たちは20Lのミレーのバックパックで行きます。

 

ニクソンのバックパックは、外側のポケットは上の部分にひとつだけ、ミレーのバックパックは色々ポケットがついています。

 

使い勝手はやはり、外側にポケットがたくさんついていて収納力があるミレーの方が良さそうですが、スリなどに対しては、やはり何もついてない方がいいかな、と思います。

 

子どもは盗まれて困るようなものは持っていないので、使い勝手の良いポケットたくさんのバックパックの方が、パッキングなども楽しそうです。

 

機内持ち込みが出来る容量は、アリタリア航空は8kgまでで、それまでに収まるように、と考えていましたが、8kg位になると背負って歩くのが辛くなってくるので、8kgよりは軽い荷物で行けそうです。

 

まだパッキングの途中ですが、次回は、持ち物リストを作ったものを書きたいと思います。

 

読んでくださりありがとうございます。